アウトソーシング(外注化)

アウトソーシング(外注化)とは、「外部の専門的な知識を有効に、効率よく活用することによって、自社の目的とする業務に戦力を集中する経営手法」です。最近の経済環境の影響で、本格的に会社経営の形態を変えなければならなくなり、従来のように、自社で全ての業務を行わなければならないという考え方から、外部に出せるものは出してしまえという発想に変わってきました。会社での人事に関する事務手続きは、最新の専門的知識が必要になりますが、利益性が無く、人材やノウハウを会社の得意分野に活用できないため、社会保険労務士事務所等の外部の専門家にアウトソーシング(外注化)する会社が増えています。

アウトソーシングによる効果

(1)外部資源の活用・・・日々刻々と変わる法律改正に対応できます
給与計算業務は、社会保険や税金など毎年のように改正される法律や、保険料の改定などで給与に関連する様々の知識が必要になり、余計な時間を費やしてしまいがちですが、専門化の最新の法律知識を活用することが出来ます。

 

(2)経費削減・・・儲からない仕事のための人件費を削減できます

給与計算業務のすべてを社内で行わなければならないのでしょうかと疑問を感じたことはありませんか?給料計算を外注化している中小企業は多いのです。なぜでしょうか?

本当に社内で行わなければならない業務を選別し、そうでない業務は外注化して、業務そのものの効率化、スリム化を図ることで、優秀な人材を、利益を生み出す業務につかせることができ、本業へ経営資源を集中させることが出来るからです。

 

(3)情報管理・・・個人情報管理が徹底できます

賃金データのように会社にとっても、社員にとっても、共に重要な情報ですが、外注化することにより、情報漏えいの危険性は劇的に軽減されます。会社内で給与計算をしたり、給与情報が保管されていると、社員の視界に入り、万一情報漏えいが発生した場合に、お互いに不愉快な思いになります。ですが給与情報を外部で保管することでこのような情報の社内漏洩の危険性はなくなります。

委託業務内容

・ 毎月の給与計算

・ 賞与計算

・ 年末調整

・ 年末調整後の給料支払報告書を各市町村への提出

・退職時の住民税の特別徴収異動届を各市区町村へ提出



給与計算の流れ

(例)給与締切日が15日、支給日が25日の場合
   (1)17日から19日に会社を訪問し、各種資料の受領、打ち合わせします。
   (2)翌営業日または翌々営業日の午前中着の宅配便にて送付します。
     納品資料
     ・個人別給与明細  

     ・個人別控除一覧

     ・部門別控除一覧

受託状況

平成29年8月現在の給与計算受託状況

 

●5日締め、当月末日支給

  ・従業員約20名(埼玉県内運送業)

 

●15日締め、当月25日支給

    ・従業員約20名(埼玉県内不動産業)

 

●15日締め、当月末日支給

  ・従業員約100名(埼玉県内製造業)

 

●末日締め、翌月10日支給

  ・従業員約40名(埼玉県内サービス業)

 

●末日締め、翌月10日支給

  ・従業員約10名(埼玉県内販売業)

 

●末日締め、翌月25日支給

  ・従業員約20名(千葉県運送業)

 

●末日締め、翌月20日支給

  ・従業員約10名(神奈川県内運送業)

当事務所の給与計算業務の強み

1.最新情報をご提供します…他社情報等で有効な施策をご案内します。

 

2.法律改正に迅速に対応します…社会保険率変更や労働分野の法律変更に迅速に対応でき、賃金をめぐる労働トラブルの予防ができます。

 

3.スピードに自信あります…翌営業日の午前中に納品

原則として、当日の午後3時くらいまでに資料をいただければ、翌日午前着の宅急便にて納品します。(ただし、宅急便での納品のため、天候等の状況により遅れることがあります)

もちろん、十分な時間を使って、確実・丁寧にご対応します。

 

4.毎月1回訪問して、打ち合わせを行います…電子化が進んでいますが、ご担当者とお話しすることで、会社のお役に立つ情報をご案内できます。

 

5.賃金規定や賃金制度のご提案や見直しを行います…会社にあった賃金規定、賃金制度や他社の事例等もご案内できます。

 

6.土曜日や日曜日もご対応します…会社の休日でもご訪問できます。1月のうちに2回程度は土曜日や日曜日に会社に行ってご相談を受けています。(会社の休日であれば従業員に聞かれたくない相談もできますので)

▲このページのトップに戻る