労働時間とは

 労働時間とはどんな時間でしょうか。

 実際に労働している時間が労働時間であることは間違いありませんが、それだけでしょうか。労働者が労働に従事する場合、一般に使用者の指揮命令のもとに労働するものであるから、労働するために、使用者の指揮命令下におかれる時間は、現実に労働することがなくても労働時間となります。

拘束時間

 就業規則等で定められている始業時間から終業時間までの時間を、通常「拘束時間」と呼ばれています。この拘束時間の中には休憩時間が含まれていますが、休憩時間を含めて労働者は一定の拘束を受ける時間という意味で拘束時間と呼ばれています。

 しかし、休憩時間は、労働者が権利として労働に従事しないことを保障される時間とされるから、通常、拘束時間から休憩時間を除いた時間を労働時間とします。

手待時間

 作業と作業との間に生ずる手待時間は、実際に仕事をしないでいても、仕事があればいつでも取りかかるための待機時間であるので、休憩時間とは異なり労働者はその時間を自由に利用できないので、労働時間とされます。

 休憩時間か手待時間かの区別は、労働者が自由に利用できることが保障されている時間であるか否かによります。

 

また、作業時間と待機時間の時給単価を同じにしなければならないということはありません。具体的に言うと、作業時間は時間給で1,000円、待機時間は時間給で最低賃金額ということが可能です。

労働者の自発的な残業や無許可での休日出勤

 本来、残業や休日出勤とは、使用者からの申し出があり、それに対して労働者からの承諾があって初めて残業や休日出勤が出来るのですが、労働者が自発的に(勝手に)することがあります。労働者が使用者の指示がなく残業や休日出勤を行っていることを使用者が知りながら、これを中止せずに放置していくと、残業や休日出勤を容認したことになり、またこの労働者の成果を受け入れている場合は、これを承認しているとされるので、使用者責任を負わなければなりません。使用者からの申し出がないのに残業や休日出勤している者は、帰宅させなければなりません。また、業務命令違反として懲戒処分の対象にすることも考えられます。

本来の業務以外の労働時間

本来の業務以外の労働時間についての通達があります。

 

・労働者が使用者の実施する教育に参加することについて、就業規則上の制裁等の不利益扱いによる出席の強制がなく、自由参加のものであれば時間外労働にならない。(昭和26.1.20基収第2875号)

 

・使用者が、消防法の規定により所定労働時間外に訓練を行う場合は、時間外労働になる」(昭和23.10.23基収第3141号)

 

・労働安全衛生法が義務付ける安全衛生教育の時間、有害業務に従事する労働者について行われる特殊健康診断に要する時間は、ともに労働時間になる。(昭和47.9.18基発602号)

▲このページのトップに戻る