休日とは

 休日とは、労働契約上労働義務を負う「労働日」に対応するもので、契約上労働義務のない日とされています。

 

労働基準法第35条では「使用者は、労働者に対して、毎週少なくとも一回の休日を与えなければならない。」と休日を定めていますが、これを週休、または法定休日給といいます。この法定休日を別の考え方をすれば、2週間で2日の休日を与えればよいので、1週間目の最初の1日目と、2週間目の最後の1日目を休日にすれば、その間の12日は労働日として最長で12日間連続労働日とすることが出来ます。

 

また、労働基準法第35条第2項で「前項の規定は、四週間を通じ四日以上の休日を与える使用者については適用しない。」と規定して、毎週少なくとも一回の休日を与えなければならない原則の例外を認めています。

 

休日とは何時に始まり何時に終わるのかというと、「休日とは、単に連続24時間の休業ではなく、暦日による午前零時から午後12時までの休業とする」(昭和23.4.5基発第535号)という通達があります。

休日振替と代休の違い

 休日振替とは、予め定められた休日と他の労働日とを入れ替えて、休日として特定されていた日を労働日として、その代わりに指定された労働日を休日とするものです。例えば、今週の日曜日に出勤するので、今週の金曜日を休日にする場合です。つまり、休日振替とは本来の休日よりも前に休日を取得します。

 

 一方、代休とは、休日労働や時間外労働、深夜労働を行わせた場合に、その代償措置として事後における業務の閑散な時期や労働者の希望する日に労働義務を免除するものです。例えば、今週の土曜日と日曜日に出勤になってしまい、両日ともに出勤した後の来週の火曜日と水曜日を休日にする場合です。つまり、代休とは労働した後で休日を取得します。

 

 そして、この休日振替と代休には大きな違いがあります。休日振替は予め労働日を休日とし、その代わりに他の日に労働するのであるため、割増賃金は発生しません。しかし、代休は本来の休日に労働し、後でほかの日を休日とするため、割増賃金が発生します。

祝日は休日?

 国民の祝日や会社設立記念日や地方祭等を法定休日以外の休日として定めている会社においては、このような日に労働させても、法律上の休日労働にはなりません。また、週休と週休以外の休日が同一週にある場合には、そのうちのいずれか一方を休日として確保すれば、他の休日に労働させることが出来ます。原則として法定休日は、1週間に1日あればいいのです。

▲このページのトップに戻る