· 

熊谷労働基準監督署で労働保険の新規適用

熊谷労働基準監督署で労働保険の新規適用の手続き。

 

労働保険の新規適用とは、新たに事業を始めるときの労災保険、雇用保険の加入手続きのことです。

 

この労災保険は、会社や支店や営業所や店舗等が事業を開始し従業員を雇い入れると会社に加入義務が発生し、従業員は加入手続きの必要はありません。この従業員とは正社員に限らずパートタイマーでも学生アルバイトでも臨時の雇い入れの方も労災の補償対象になります。

 

手順としては、まず労働基準監督署で労災保険適用の手続きをし、その後に公共職業安定所(ハローワーク)で雇用保険の適用、雇用保険の加入手続きです。労働基準監督署で労働保険の新規適用手続きをすると、年度末までの賃金総額を元に計算された労働保険料が決定し、会社はそれを速やかに納付します。なお、労災保険料は業種により保険料率が違い、全額会社負担。(雇用保険料は会社と従業員で一定割合づつを負担)

 

今回の会社の業種は飲食業。

ご依頼いただいた経緯は、現在の顧問先会社の社長様からのご紹介。

 

ありがとうございました。